山本泰弘
山本泰弘

教育関連職 山形県 30代 男性

会員支持数
-位(-P:2018年5月) -位(-P:2018年)
オピニオン・コメント投稿数
-位(-P:2018年5月) -位(-P:2018年)
Share (facebook)
『学校は誰のものか? ―生徒が主役の新設校を―』のイメージ画像

 山形県初の中高一貫校として期待を集める東桜学館。輝かしいイメージの裏で、入学予定の児童とその保護者らの間には懸念が生じているようだ。入学説明会において、昭和の管理教育を想起させる厳格な方針が打ち出されたというのだ。児童からの独自の部活を作りたいという希望も拒まれたと聞く。
 確かに政策決定者の立場からすれば、万策尽くしてこぎ着けた開校であるからには高い学力と規律を実現させたいのだろう。だがそのこだわりのために、今を生きる生徒を旧時代的な檻にとらえることは許されない。

 今時の生徒は極めて敏感に空気を読み、自分を演じる。大人達が「東桜学館とはこうあるべき」という理想像を求めてしまえば、生徒達は空気を読んで独創性を抑え、順応するだろう。しかしそれは、生徒が主役の学校と言えるだろうか。
 現代の少年少女には彼らなりの世界観と志向があり、学びにしろ課外活動にしろ、彼らのセンスを尊重した学校作りがなされるべきだ。

 若者に熱烈に支持され、NHKで全国放送されるまでになった青春アニメ「ラブライブ!」は、学校を廃校の危機から救おうと生徒達がチームを結成し、アイドルを目指すストーリー…このオピニオンの詳細を見る

投稿オピニオン

全て表示

投稿コメント