shigeo
shigeo (小林茂雄)

会社役員・顧問 愛知県名古屋市港区 50代 男性

会員支持数
-位(-P:2018年7月) 2位(1P:2018年)
オピニオン・コメント投稿数
-位(-P:2018年7月) 2位(2P:2018年)

誰でも平等に発信、受信ができるインターネットは、「続きを読む

投稿コメント一覧

セクハラ官僚へのコメント alohaさんの投稿  コメントの投稿日:4/20
セクハラ官僚・・・そんな扱いになっちゃいますよね。
alohaさんが言ってるのは、財務省の福田事務次官のことだと思いますが、報道によると、豪快で胆力もあり、政治家とのコミュニケーションもよく取れる、いわゆる「優秀な官僚トップ」だったようですよ。かといって、セクハラはダメだろ、って話になるのが、今の時代なんですが。

近視眼的に(この件だけを)見るのではなく、世の潮流を俯瞰してみようと思います。
政治家、官僚だけじゃなく、会社組織でも、優秀かつ太さもある、いわゆる「頼りになる人材」は、ついつい行き過ぎた言動を起こしがち、というのは古今東西、同じかもしれません。
その「行き過ぎた言動」に関しての、チェックが厳しいのが最近のスタンダードです。人材に対し、優秀さ、強さは引き続き求めるが、言動に対するコントロールも求める。より、高品質な人間を求めているのが、今の時代と言うことでしょうか。
こりゃ、大変だ(^_^;)

もちろん、セクハラ、パワハラすることが、優秀さ、強さの表現だと思っている「さかさま思考」のバカ野郎どもが淘汰されるのは、いいことだと思うんですけどね。
セクハラ狩り、パワハラ狩りが、癌細胞と一緒に、健康な細胞も殺してしまう「抗がん剤」にならないといいなと思ってます。
相撲の話へのコメント shigeoさんの投稿  コメントの投稿日:12/05
相撲も体育会系の世界なので、先輩から後輩への叱責は、不条理な暴力も含めてあるんじゃないでしょうか。私の学生時代は、そんなの当たり前でしたし(今なら訴訟沙汰のオンパレードですw)、相撲のような「古い世界」なら、今でも十分、あり得る話です。
世のトレンドが「暴力は絶対ダメ」なのは、よくわかっていますし、教師、先輩から不条理な暴力を受けてきた身としては、いい世の中になったと思ってます。相撲の世界も、時代に合わせるべきかもしれません。

今回の騒動に関して、フォーカスすべきは、まさにそこです。相撲協会、相撲界が、「伝統を重んじる」と「時代に合わせる」、対立しがちな二つの概念(両立が難しい二つの概念)を、上手く整理できていないことです。

例えば、部屋ごとで親しくしてはいけない、これが伝統であれば、教習所での新人一括教育なんか、しないほうがいい。各部屋でやればいいんです。新人同士、部屋をまたいだ「同期意識」が芽生えるのは当たり前です。その後の交流も生まれるでしょう。協会が、伝統を壊す、芽を植えているのです。

もう一つ。土俵は女人禁制が伝統であれば、「女相撲」は何なんだ?ってことになります。女相撲は世界大会まであります。相撲協会ではなく、相撲連盟?がやってるみたいですが、なぜ調整しないのでしょう。相撲協会はダメで、相撲連盟はOKな理由がわかりません。団体ごとのローカルルールのレベルではなく、伝統でしょう、土俵の女人禁制は。と思っちゃいます。

特に相撲界において、伝統とトレンドの折り合いは、非常に難しい話だと思います。だから、こてこての伝統の中で生きてきた、元力士だけで協会理事を構成するのは、無理がある。自己矛盾を起こします。
ちなみに、貴ノ花が改革を進めたいといってますが、彼がやりたいのは、いわゆる「復古主義」であり、どっちつかずで、事なかれ、フラフラしている協会に対し、伝統に帰れ!と言いたいのです。今の時代に合わせようという改革ではないと思いますわ。
ニューカマーさん、久しぶりですね。
政局は面白いから、マスコミも取り上げますよね。政策は地味なんで(^-^;

日本は、どこが与党になっても、だいたい同じになるような気がします。

外交・国防を変えるのは、日米同盟破棄しない限り、あまり変わらないでしょう。破棄したら、核を自前で持つか、中国と同盟するか、です。どれも、いまいま、国民は嫌でしょ。

大企業からの税金アップも、反動が来ます。下請けが多いから日本の中小企業は。トリクルダウンはなくても、逆トリクルダウン(トリクルアップっていうのかな? 大企業がダメになると、下もダメになる)は、絶対ありそうですし。

全部ちゃぶ台返し、は無い話ではないですが、現代の日本人は、そんなドラスティックな政治転換を選びません。なので、極論ですが、どれでも同じ、政党で選ぶのは、あまり意味がないかと。

いっそのこと、全部、個人で選ぶってのはどうでしょうね。政党、禁止。
東京は別ですけど、いち政治家と民の距離が近い「地方」は、すでに、そうなってるような気がします。

政党禁止にすれば、「風が吹いた」とかで、よくわからない人たちが「団体」で当選することがなくなり、実力はあるのに関わらず逆風で落ちる人も減ります。ただ当選するために、個人の信条を捨てて、政党をあちこち行く人もいなくなります。

国会議員の「平均パフォーマンス」は、上がるような気がします。
有権者も、盲目的に投票行動することがなく、個々の候補者のアピールを、ちゃんと知るようになると。ならないかなw オーストラリアみたいに、投票しないと罰金とかにしないとダメか。

当選した人たちで、会派は作ればいいんじゃないでしょうか。
で、全員でガチンコの「総理指名」すればどうでしょう。

まぁ、妄想ですけどねw 
単純に、日本国民にとって、いい政治を行うのに、今のシステムが一番良いとも、思わないんですよね。政治家という「家」が付く個人事業主のくせに、実態はサラリーマン化するのが「政党政治」で、それが、いろいろ矛盾や間違いを生み出している。ような気がしますなぁ。
希望の党へのコメント つるちゃんさんの投稿  コメントの投稿日:10/16
小池さんの不支持は、支持を上回り、50%以上になったようです。男女別では、女性の不支持は40%後半、男性の方は70%を超えているとか。alohaさんの言うことも、一理あるってことですかね(^^ゞ

少し話が飛ぶかもしれませんが、女性活躍社会って、小池さんみたいな「野心むき出しの女性」が、たくさん出てくることだと思います。それに対して、アレルギーのある男性は、日本では、けっこう多いってことでしょうか。

野心むき出しの「男性」を、頼りがいがあるとか、男はこうじゃなくちゃとか、ポジティブに評価する人は男女ともにいると思います。しかし、野心むき出しの「女性」は、頼りがいがある、とはならないんでしょうね。例えば、小池さんの「さらさら」とか「排除」って言葉、同じような状況で、橋下さんが言ったとしても、ここまでダメージなかったでしょ、きっと。

ということは、もう少し、女性は「したたかな野心家」になる必要があるわけです。それって、結局のところ、表ではなく裏で(男を、人を)操るってこと? 昔からの「かかあ天下的リーダーシップの取り方」に回帰するってことじゃないのかな? って思ったりします。

女性は表に出過ぎると実は活躍できない、出過ぎないほうが、本当の意味で、女性活躍社会になるのではないか? ってことです。ちょっと飛躍しましたな(^^ゞ
希望の党へのコメント つるちゃんさんの投稿  コメントの投稿日:10/10
いまいまの雑感。
まず、もう、希望の党フィーバーも冷め始めたんじゃないですかね(^_^;) 

党首としての小池さんのアピールを聞いてると、やはり「抽象的なスローガン」だけのような気がします。各論は官僚や有識者を集めて考えてもらう、というスタンス。まぁ、政治家ってそういうものだと言う人もいるかもですが、与党になれば「行政」も担うわけなので、もう少し、実務家が良いなと個人的には思ってます。

小池さんの最終的な目的は、「こういう国にしたい」ではなく、日本初の女性総理大臣になり「歴史に名を残すこと」だと思うので、まぁ、党は何でもいいんでしょうな。希望の党は、ただの彼女の道具にすぎません。

選挙後、希望の党で、ある程度数を取り、他党と連立して過半数が取れるなら、主義主張の違い関係なしに、そういう動きをするでしょう。もちろん小池さんを首班指名するのが条件。
それにビビった自民党が、連立しましょうと言われたらそれもOK。それも首班指名は小池さんが条件。野党になるくらいなら、そのくらいのことをやりそうですけど、自民党って。過去にも実績あるし。社会党党首を首班指名したくらいだし( ;∀;) 

小池さんは、自民党の中では、上に行けない(稲田さんなど女性議員のライバルもたくさんいる)ので、外に出たと。もともと都政にはそんなに興味はなく、五輪もあるし派手だから選んだ。首都の知事なら、生涯の野望へのチャンス、まだあるんじゃないかと考えたような気がします。

老舗大企業で出世できない人が、辞めてベンチャー企業を立ち上げて、大きくなって、古巣と合併して、社長になる。そんな感じかな。会社は、一足飛びにそこまで大きくはなれないけど、政党にはミラクルがありえるのでね。