madoka
madoka (橋本円)

会社員 千葉県千葉市花見川区 30代 女性

会員支持数
-位(-P:2018年6月) -位(-P:2018年)
オピニオン・コメント投稿数
-位(-P:2018年6月) -位(-P:2018年)

都内某IT企業勤務。 企画・マーケティング・商品続きを読む

Share (facebook)
『ネットリテラシーって、教えたほうがいいの?』のイメージ画像

最近、LINEでもやりとりを発端とした事件や、twitterでのいわゆる「バイトテロ」等のせいで、
若い人のインターネットリテラシーをテーマにしたニュースやコラムをよく目にするようになった。

総務省なんかでも、青少年のネットリテラシー指標「ILAS」なんかを定めて調査結果を発表していた。

全部は見ていないけど、高校生はスマホ利用が多いとか、スマホの人は利用時間が長いとか、
スマホをよく使う若者はパソコンユーザーよりネットリテラシーが低い傾向とか?
まぁ、そんな感じだったので、これは、あえてつっこまないとして・・・。

テレビでは、「悪ふざけ投稿」が企業の新たな経営リスクになるというテーマの特集をやっていた。

これらは割と、

「知識がないまま簡単にインターネットに触れられるようになった」から、
「教育をしなくては!」

みたいにまとめられていることが多い。

だけど、教育したら減るのかな?

私も、10代から20代前半にかけて、電話が持ち歩けるようになり、ポケベルが普及し、
携帯で文字が送れるようになり、パソコンでインターネットをすれば、
会うはずの無かった知らない誰かと友達になれて・・・って、
ものすごい勢いで情報のやり取りのスピードと範囲が広がっていったのを経験した。

その当時は、LINEもスマホもtwitterもなかった。
個人がこんなに露出することもなかった。
なかったけど、文字だけのやり取りゆえの行き違いや、ネット詐欺や犯罪等は、やっぱりあった。

『スマホの普及でインターネットがより身近になったから、ネットでのトラブルが益々増えている。』

それは、そうなんだと思う。
でもそういうトラブルを起こした方も、被害にあった方も、ネットがなかったら平和だったのかな。

違う気がする。

「バイトテロとか、よく世界中に自分の醜態を晒すよね~!」みたいに言っている人がいたけど、
単純に多分彼らは自分の投稿が「友達以外」に広く晒されるとは思っていなかったんじゃないかな。

そういう意味では、ただ、一定の割合でいるトラブルメーカーの露出がネットによって増えただけ、なんだと思う。

ってことは、教えなきゃいけないのって、ネットリテラシーじゃなくって、倫理なんじゃないの?

ネットの識字に強くなったって、きっと表に出ないように、上手に悪さをするだけ。
悪さが減るわけじゃない。
だったらわざわざ教えずに、晒されたらいいとさえ、うっすら思う。

自分をアピールするわけじゃないけど(庶民だし)、少なくとも私は、
ネットリテラシーなんて言葉もない頃からネットを使っていたけど、
文字だけのやりとりで「違うな」って思ったら、フォローしたり電話したり会ったりした。
変なメールが来たら、周りのネットに詳しい大人に相談したりもしていた。
今の若い子達だって、大半は、そうしていると思う。

子供だって、学習する。
だから、悪さがネットに晒される中で、倫理感も一緒に育っていけばいいと思う。
言ったと伝わったは違うこと、相手がわかるように伝えること、確認すること、
そして、相手の気持ちを考えること。
オフライン・オンラインの双方で学べばいい。

なんなら倫理を高校あたりからの必須の受験科目とかにしちゃうってのはどうだろ?
あ、誰が問題と答えをつくるかで揉めるか。(^^;)

個人的には、どっちかっていうと、日本で流行っているネットサービスの儲かり具合と、
日本の産業の発展とが、イマイチリンクしていない感じの方が気になっているけど、
それはまた別のお話ということで。

コメント

コメントを投稿するにはログインしてください。

madoka
madoka さんからのコメント
職業
会社員
都道府県
千葉県
コメントありがとうございます!きっとバイトテロも減らないけど、そのうち、メディアもネットユーザーも飽きて露出が減る気がします。ってのは悪ふざけならではですよね。インターネット=ツールってのは確かに!そうですね。みんながツール使いこなせると良いですね。
コメントに対する支持数:0
u-jiro
u-jiro さんからのコメント
職業
会社員
都道府県
愛知県
昔、水道橋博士と宮崎哲弥さんの番組に2ちゃんねるの管理人のひろゆきさんが出演していた時を思い出しました。
司会者にインターネットの未来について聞かれた時に、ひろゆきさんは「インターネットはあくまでツールであるから、そんなものの未来を考えるのはナンセンスだ。今までだって電話の未来とか考えたことなかったでしょ。」と言っていました。
今回の事件も本質は、単なる仲間内の悪ふざけに過ぎないというところでしょうか。ただ、ツールにインターネットを使ったことにより、本人が思いもよらないほど、その声が拡声してしまっただけで。
コメントに対する支持数:0