shigeo
shigeo (小林茂雄)

会社役員・顧問 愛知県名古屋市港区 50代 男性

会員支持数
-位(-P:2018年6月) 2位(1P:2018年)
オピニオン・コメント投稿数
-位(-P:2018年6月) 2位(2P:2018年)

誰でも平等に発信、受信ができるインターネットは、「続きを読む

Share (facebook)
『名古屋の再開発は「交通局」が鍵』のイメージ画像

私の実家は、名古屋市港区の江川線沿いにあります。昔は、中央埠頭に商船、工業船が着くたびに「ポパイみたいな外国人船員」が街中に溢れ、大いに賑わっていました。外国人の体臭がエキゾチックな雰囲気を醸し出し、いかにも「港町」って感じでした。

今はメイン埠頭が金城埠頭に移ってしまい、年1回の「みなと祭り」のときだけ35万人になりますが、いつもは「道のだだ広いシャッター街」(写真参照)になってしまっています。

帰省するたびに、どうにかならんかなぁ、この街・・・と。

東京は電鉄会社の都市開発が盛んです。JRに東急、小田急、京王、西武、東武、メトロ地下鉄に都営地下鉄と、縦横無尽に電車が走る東京は、もはや線路を伸ばして売上を伸ばすことは難しく、不動産、ホテル、レジャー、サービスなど駅周辺の各ビジネスを展開することで会社全体の売上を伸ばしています(東横線などの東急電鉄の「電車の利益」は全体の20%にもなりません)。http://www.tokyu.co.jp/ir/finance/segment.html
そして、その影響を受けて街全体が活性化し、電車利用者も増えるという好循環を生んでいます。

名古屋でもJRが関係している駅、名古屋駅と金山駅は再開発が進んでいます。JRも一応、民営会社、都市開発による交通以外の収入に注力してるんですね。レゴランドの誘致など新興著しい「あおなみ線(名古屋臨海高速鉄道株式会社)」は、第三セクター。◆自治体(3団体):名古屋市・愛知県・名古屋港管理組合、◆民間等(16団体) :東海旅客鉄道(株)・㈱日本政策投資銀行・中部電力(株)・(株)三菱東京UFJ銀行・岡谷鋼機(株)・東邦瓦斯(株)・トヨタ自動車(株)・日本車輌製造(株)・愛知機械工業(株)・(株)愛知銀行・(株)中京銀行・(株)名古屋銀行・ニチハ(株)・日本碍子(株)・日本貨物鉄道(株)・イオン(株)が入っています。アグレッシブな活動も頷けます。

そして、名古屋の公共交通の主役「地下鉄・バス」に関しては、民間電鉄会社ではなく、公営事業者である「名古屋市交通局」がやっていますが、交通局のやっている沿線は、いまいち再開発が進んでいない感じがします。

東京の例を見ても、交通インフラとのコラボレーション、多額の資金などから「電鉄会社」が都市開発するのは適任です(東京でも電鉄会社以外で都市開発しているのは「六本木ヒルズ」の森ビルくらいです)。

電鉄会社にしても鉄道の安全運行するためには、多額のメンテ費用がかかりますし、昨今ニュースになっている敬老パスなどの福祉施策も経営を圧迫します。そして、それらをすべて「運賃」で賄おうとすれば当然、高くなります。しかし、電鉄会社が都市開発を含めた周辺ビジネスを展開することで別収入が発生すれば、運賃据え置きで安全運行が担保でき、公共交通インフラとしてのミッション(赤字でも生活必要路線は維持)が遂行でき、かつ、街の活性化もできる可能性があるのです。

「民営化」も含めて、名古屋市交通局の事業範囲、事業体制を見直すべきではないでしょうか。大規模な再開発は「個人の金持ち」でどうこうできるレベルの話ではありません。また、税金を投入すればいいというものでもありません。「公益資本主義」でやるのです。

実現すれば、私の実家周辺も、港まつりだけじゃなく「いつも活気ある街」に生まれ変われると思ってるんですけど(^^ゞ

コメント

コメントを投稿するにはログインしてください。

さんからのコメント
shigeoさん、虹をつかむような無責任なアイディアや活性化策を打ち上げるのが地方議員の仕事ではありません、あなたは地方議員の仕事を完全に思い違いしています。

首長というものは、目先の人気取りで山師のようなコンサルタントを抱え込んで、一発逆転のような地域の活性化策、振興策を打ち上げたがるものです。

それがいかに賭博的な政策であるかを、地域経済の歴史的経緯から説き起こして、無理なものであることを指摘してストップをかけるのが健全な地方議員の在り方であり、議員が首長と競い合って、雲をつかむような開発計画の法螺を吹いていては仕方がありません。

第三セクターとかいった名称で、自治体が株主になって作った企業の殆どが赤字であり、すでに破たんしたところもあります、順調に行っている第三セクターなんて日本中で幾つもありません。

地方議員が第三セクターを作りたい首長の美味い話しに乗ってしまったことにも問題があるわけで、行政に危険な投資をさせないで、地道に教育や福祉に専念させるようにするのが正しい地方議員の在り方です。

そういう地方議員に支払われる歳費は有効な使われ方であり、虹をつかむような嘘くさい地域経済の活性化策をぶち上げて、損が出るような投資を自治体にさせるような地方議員に支払う歳費こそ、盗っ人に追い銭の類であるといえます。
コメントに対する支持数:0
shigeo
shigeo さんからのコメント
職業
会社役員・顧問
都道府県
愛知県
はい、歴史の勉強になりました。
そして、具体的なアイディア、策はお持ちじゃないことも、よくわかりました。

地域の人たちにとっては、世界や天下国家も大事ですが、さもしい気持ちではなく、地元の経済、目の前の生活はもっと大事です。

そして、それらを「地方議員」に託すところは、大きいと思います。

税金の無駄遣いというなら、具体的な地方経済施策を考えない、考えらえない、何もしようとしない
「地方議員」に払う報酬(税金)もまた、無駄ですね。
コメントに対する支持数:0
さんからのコメント
 名古屋市南部の活性化は具体的にどうしたら良いのかというお話ですが、経済の活性化は社会全体の経済の変化の中で起きるものであり、特定の地域だけ活性化させるような巧い方法など存在しません。自分たちの住む地域だけ、社会全体の経済の変化とは関係なく活性化させようと考えることそのものが虫のいい思案ではないのでしょうか。

 築港という言い方が以前はありましたが、名古屋港は熱田港に代わる港として人工的に作ったものであり、港が出来るまでは何もない海浜でした。

 戦後の経済復興の中で名古屋港は大いに繁栄しました。当時の船は荷役に時間と経費が掛かったので、その間船員は町に遊びに出ましたし、荷役関係者も実入りがよくて派手に金を使いましたから、港の商店街は勿論のこと、稲永の遊郭なども閉鎖されるまで随分と儲かっていたようです。

 それが港湾施設の近代化で荷役の仕事はなくなり、1日で荷揚げが終るので船員が遊ぶこともなくなりました。

 中川区は昔は中川運河より西は農村地帯でしたが、高度成長で自動車産業が大きくなるにつれて、農家が自分の農地に小さな町工場を建てて、知っている近所の若い人を数人も雇って、自動車産業の孫請けのその又下のよんなポジションで部品製造を始めました。一時は儲かっていましたが、徹底的な単価の切り下げ攻勢の中でどこも全く儲からなくなり、廃業が相次いでいます。

 これを最も儲かっていた時代にたちどころに戻すような巧い方法など存在しません、繁栄の日は二度と戻ってこないと思った方が良いといえます。

 原野だったところに石炭が出て産炭地として繁栄を極めた、炭鉱がなくなれば元の原野に戻っても仕方がないのに、行政支出で無理やり産炭地のころの繁栄を取り戻そうとして大失敗をしたのが夕張市ですが、行政の積極的関与で経済を活性化させようとすれば、夕張市の二の舞になる可能性が高いのではないかと思います。

 経済は世界規模で変化しており、それを無視して自分たちの住む地域のみ経済の活性化を行なおうとすることが無理な虫のいい試案であって、政治や行政がマジックのようにそれを行ないうると考えるようなことはしない方が賢明だと思います。

 今の港湾荷役の状態では昔のように船員が港の商店街で散財するような状況は生まれません、町の部品工場が再び儲かるようにすることも、行政の力でも、地元の政治家の力でも不可能です。

 無責任に活性化を打ち上げるのではなくて、実行可能な範囲を慎重に限定し、万が一にも税金での尻拭いのような事態にならないことを先ず考えるべきだと思います。

 

 
コメントに対する支持数:0
shigeo
shigeo さんからのコメント
職業
会社役員・顧問
都道府県
愛知県
電車では不便なので自動車で来る、というのもあるでしょう。
そして、自動車ベースの施設、街づくりをすれば、ますます自動車で来る、という循環になっている気がします。電車ベースの街づくりであれば、特に「飲食」の面でまったく、市場規模が変わってきます。

また、海外からの観光客を考えた場合、自動車でウロウロするとは考えにくい。内需だけでなく、外需も含めて考えたいですね。東京では東京五輪を機に、山手線の24時間稼働などを考えているようです。

各論で言えばいろいろ懸念事項、検討事項もあるでしょうけど、もう少し「視野を広げて仕事してもらう」という意味で、交通局の体制は変えても良いんじゃないかと思ってます。

逆に、港区を含め名古屋市南部の活性化は、具体的にどうしたら良いと思いますか?>伊藤さん
コメントに対する支持数:0
さんからのコメント
 交通局の地下鉄とバスと、民間資本による、「公益資本主義」の再開発は名古屋では無理なんじゃないかと思います。

 港区を例に挙げれば、金城埠頭のJRの博物館、イオンベイシティ、水族館などがありますが、来る人の殆どは車でやってきます、鉄道やバスを利用する人はごく少しであり、交通局の利益にはなっていません。

 金山や名古屋駅の再開発でもオフィス需要が主体であり、商業施設はその一部となっています。オフィスへの通勤は鉄道やバスを使いますが、商業施設や観光施設に行くときには名古屋の人間は絶対に車であり、鉄道やバスは使いません。

 この現実を見ると、交通局が絡んでの商業施設や観光施設の開発は難しく、名古屋では公共交通機関は車が使えない通勤、通学の客か、高齢者を運んでいるしかなく、下手に手を出せば大きな損失を名古屋市が被ると思うのですが如何でしょうか。
コメントに対する支持数:0
taroboh777
taroboh777 さんからのコメント
職業
法律・会計関連職
都道府県
愛知県
最近?ですと、地下鉄徳重駅ができて、ユニーとコラボして再開発されたように思いますが、成功したのかなぁ?そういえば、東海地方は大型スーパーとのコラボが多いですね。企画立案レベルが問題なのかなぁ?
コメントに対する支持数:0