かっつん 政治家・政治家志望
かっつん (勝 真弘)

個人事業主 岐阜県恵那市 20代 男性

会員支持数
-位(-P:2018年6月) -位(-P:2018年)
オピニオン・コメント投稿数
-位(-P:2018年6月) -位(-P:2018年)
Share (facebook)

日本「学力向上」=読解・科学4位、数学7位―上海が連続3冠・国際調査 時事通信

経済協力開発機構(OECD)は3日、65カ国・地域の15歳約51万人を対象に2012年に実施した第5回国際学習到達度調査(PISA)の結果を公表した。~~続きはリンク先で。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131203-00000138-jij-soci

学力の向上は結構だけれど、日本はリーダーとなれる人材の教育も必要ですね。
頭いい人、何かが得意な人を上手く使える人を育てないと、良いチームは生まれないですから。
それが出来れば、日本はもっと良くなると思います。

コメント

コメントを投稿するにはログインしてください。

かっつん
かっつん さんからのコメント
職業
個人事業主
都道府県
岐阜県
>shigeo さん

確かに勉学の効果は高いですし、非常に平等ですね。
過去の歴史上、これほど平等な社会はなかったんじゃないかと思うくらいです。
しかし、一方で私は日本の平準化教育には疑問を感じています。
「真面目なヤツ」が世の中を維持し、「面白いヤツ」が世の中を変えていくんだと思います。
今の日本には「面白いヤツ」がもう少し必要なのかなと感じています。
明確な根拠はありません笑


>伊藤浩士 さん

このオピニオンでは必ずしも政治家のことを言ったわけではありませんが、リーダーはある程度教育で作ることも出来ると私は考えています。
リーダーには守るべき原則があり、そういった原則を守れていない方は公人、私人問わず多いようですね。
件の政経塾ですが、鳩山、菅両氏に比べれば、野田前総理の方が、リーダー的ではあったかと思います。
リーダーとしての立場に就く人は、一度くらいリーダーの原則論は学ぶべきであると思います。

>u-jiro さん

東海大志塾はまさに無駄であったとしか言いようがありません。
一参加者であった私も機会を活かせなかった点は残念に思っています。

あれだけの数の人間がいたので、地方議員育成についてしっかり取り組めば、地域行政はかなり良くなったと思います。

国政を睨んでのアクションだったのでしょうから、目論見外れだったのだと思いますが。
コメントに対する支持数:1
u-jiro
u-jiro さんからのコメント
職業
会社員
都道府県
愛知県
そう言った意味では、東海大志塾自体もあまり意味のないものであったのかもしれませんね。

大志塾の最後や掲示板などをみていると、塾の運営に関する批判などもありましたが、塾生自身にも問題があったように感じられます。

ただただ政局にしか興味のない風見鶏のような地方議員、風に乗ってあわよくば議員になろうとするシロウトなど、本来、議員にふさわしいという人自体が非常に少なかったように思います。

本来の議員のあるべき姿とは伊藤さんのおっしゃるように、まずは地道な地域活動をおこない、その中で問題意識を持ったりだとか、成し遂げたいミッションがみつかった人に手をあげてもらいたいものですね。

ただ、大志塾について言えば、塾生の中から、折角、知事が集めてくれた政治好きな人達をまとめあげてしまうような、たぐいまれなる行動力を見せてくれるような人が輩出されなかったのは、非常に残念ですね。
コメントに対する支持数:1
さんからのコメント
リーダー教育なんて便利なものは存在しないと私は思っています。

松下政経塾は経営の神様が日本のリーダーになる人材を育てるのだとして始まりましたが、ここからはろくな人間が出ていません、政治家になりたい人が利用しただけに終わりました。

リーダーは教育で作り出すものではなく、大勢でわいわいがやがや運動をやっていく中で、多くの人があの人のいうことを聞いていれば安心できる、あの人の判断であれば信用できる、と感じる人が自然発生的に表れて、わいわいがやがや仲間から推されてリーダーになり、さらに運動が拡大する中であの人を選挙に出そうか、という話が盛り上がってくる、といったかたちで出て来るものだと私は思っています。

日本共産党という政党はリーダーは党の教育で作ることができると考えています。市民運動が起きても、そこから自然発生的に運動のリーダーが出てくることを認めず、学生組織の民青同盟から党専従になった人間を、党の中で運動のリーダーになるに相応しい教育を受け経験を積んでいるからとして、上から押し付けてきます。そういう人間は党官僚そのもので、そういう人間がやってくると今まで運動に自主的に参加していた人たちが、反感をもって離れて行ってしまい運動は低迷します。日本共産党がリーダー教育が出来ているとして押し付けた人が、リーダーになって成功した運動は見たことがありません。

まさしく官僚制そのもののスターリン主義政党といかいいようがない感覚なのですが、リーダー教育というものは、これでリーダーを育てることが出来ると思い込んでいる人たちの独善でしかないのではと私は思っています。
コメントに対する支持数:0
shigeo
shigeo さんからのコメント
職業
会社役員・顧問
都道府県
愛知県
おおむね、ご意見には同意するのですが、具体的にはどうやったら、リーダーが生まれるのか、育つのか、私にはわかりません。学問は、頑張ったほうが良いような気がします。学問だけできても・・という話はありますが、学問すらできない・・ってのは、もっと性質が悪いかも。社会に出て思うんですけど、なんだかんだ、よくできたトレーニングであり、平等な競争のような気がするんですよね、学問って。(^_^;)
コメントに対する支持数:0