とし3578 政治家・政治家志望
とし3578 (中村 敏明)

個人事業主 三重県松阪市

会員支持数
-位(-P:2018年6月) -位(-P:2018年)
オピニオン・コメント投稿数
-位(-P:2018年6月) -位(-P:2018年)
Share (facebook)
『日本社会の矛盾。』のイメージ画像

有名雑誌のアンケートの結果を見た。設問は貴方にとって自由と平等どちらが大切か、というもので、二者択一なので結果は自由64パーセント平等36パーセントというものでした。もちろん、どちらも大切なものであることはいうまでもない。しかしながらこの結果は私に一つの示唆を与えるものでした。いう迄もなく、日本の官僚統制の力の源は禁止統制であり、そこに既得権益が内在している。多くの規制は国民の側が求めたものであり、前例主義によって積み重なったものも数知れない。であるにも関わらず、国民は自由を希求しているのだ。このギャップこそが社会の矛盾でありストレスなのだ。ストレスこそが無駄そのものであり我々の豊かさを損しているのだ。いかにこの国の政治、行政、ひいては社会そのものが雰囲気に弱いものかを物語るものである。要は、国民一人一人が自立し、その上で自由を謳歌すればこの国は大きく発展する可能性があるはずであるということだ。心の中に自由を求めているという事は抑圧されて不満であるという事。そうした自由な未来を指し示すのも政治や教育の大切な役目の一つと考えます。夜分の投稿、乱文をお許し下さい。

コメント

コメントを投稿するにはログインしてください。

とし3578
とし3578 さんからのコメント
職業
個人事業主
都道府県
三重県
私の言いたかったのは、レギュレーションのあり方です。全体に網をかける入口規制では、自由に活動できなくなりイノベーションを阻害するので、行為規制にシフトすべきだという事です。官業は民業を補完する事に意義があります。今の日本では官は民の活動を邪魔しています。
コメントに対する支持数:0
u-jiro
u-jiro さんからのコメント
職業
会社員
都道府県
愛知県
ハッキリさせなければならないのは、①自由の裏側には責任があるということを理解しているのかどうか。②平等は「結果の平等」のことを言っているのか、「機会の平等」のことを言っているのかということでしょう。

ただ単に、一方的に自由をくれと言っているだけでは、おねだりをする3歳児と変わらないでしょう。自由になったことによる結果についても責任を持てるのかという点まで真剣に考えているのかは、残念ながら、このアンケートからは読み取れないような気がします。
そして、「機会の平等」は確保されるべきだと思いますが、「結果の平等」までも求めるのであれば完全な社会主義国家となってしまうでしょう。

そこで、行政は極度に個人の自由が行き過ぎないよう、公共の福祉という概念のもと国や自治体の運営をおこなっていると考えられます。

また、適度なストレスは人間生活において必要不可欠なものだと思われます。ストレスのない人生など世捨て人のような生活しかありえないでしょう。
コメントに対する支持数:0
さんからのコメント
この質問は回答者が、誰の自由でなんの平等だと思うかで回答が全く変わってくるものです。

人は身勝手なもので、自分の自由のみが常に優先されるべきで、自分が常に周囲の人よりも有能だと思っています。これは作家としての私の人間観察から導き出された結論です。

自分が嫌いな相手に対して悪罵の限りを尽くしてもそれはどこまでも言論の自由であり、逆に自分が少しでも批判されるとお前にオレを批判する自由はお前なんかには無いといった議論になります。自分の自由であればどこまでもOKで、他人の自由はそれが自分に向けられた批判であれば絶対に許されないとなるわけです。自由が大切と答えた人は自分の自由の積もりで回答していると思います。

人間は常に、有能な自分が世に出られないのは機会の平等が日本で保証されていないからだと思う一方で、有能な自分と無能な同僚の給与が同じなのは結果の悪平等が日本で罷り通っているからだと考えます。平等が大切と答えた人は、機会の平等の積もりで回答していると思います。

自由と平等のどちらが大切かという質問に対しては、自分の自由は大切、他人の自由は要らないを優先させたい人が64%で、結果の平等は要らない、機会の平等は欲しいと思う人が36%、ということではないかと私は思います、
コメントに対する支持数:0
shigeo
shigeo さんからのコメント
職業
会社役員・顧問
都道府県
愛知県
大変考えさせる、ご意見ですね。社会が、充実すればするほど、自立の意識が低くなる。どこまで守り、どこで突き放すか、政治にも、教育にも、センスが問われるところです。
コメントに対する支持数:0
さんからのコメント
政治は公平という物差しで図ると解りやすいです。
コメントに対する支持数:0