KAZUTOYO.K 政治家・政治家志望
KAZUTOYO.K

教育関連職 愛知県名古屋市中川区 30代 男性

会員支持数
-位(-P:2018年6月) -位(-P:2018年)
オピニオン・コメント投稿数
-位(-P:2018年6月) -位(-P:2018年)
Share (facebook)

基本的に,子どもって大人の真似をしますよね。行動や言葉使いなどは早い段階で真似するようになり,しばらく時間が経つと,考え方も真似するようになります。小学生,中学生,高校生たちは,基礎的教養の獲得にために日々奔走しますが,時として,大人たちが,社会的な問題や課題,政治について話を振ってみると,彼らは考え,疑問をもち,どうすれば解決できるかを真剣に人と議論することができます。

本当は彼らは,いろいろなことに興味関心が高く,大人たちのそうう話を真剣に聞くことができます。だから,僕ら大人が,社会の問題や政治ついて,「そんなこと自分には関係ない」という気持ちで彼らに接したら,若い世代の社会的な問題意識が低ったり,選挙の投票率が低いのは当然です。

言論統制はいけませんが,問題提起をし続けることは民度向上のために必要不可欠なことで,若い世代に関わる職業の方自身には特に,社会的な問題や課題,政治に対して意識を向けていてほしいと思います。

コメント

コメントを投稿するにはログインしてください。

shigeo
shigeo さんからのコメント
職業
会社役員・顧問
都道府県
愛知県
社会科や政治は「模範解答」がないから、先生方には難しいでしょうね。というか、誰がやっても難しい。
昔から、社会人向けの研修ではあった「気づき系教育」、最近は、マイケル・サンデルの影響で、大学教育にも登場しつつあります。
問題提議して、意見を引き出し、要点をまとめたり、質問によって矛盾点を指摘したり。
模範解答はないんだけど、その思考プロセスにおいて「何かに気づいてくれ的な教育」です。

これは、教える側(というかファシリテイターかな)は、普通の教科とは違うテクニックが必要で、
先生方は、「身に付ける場」がないのかもしれませんね。
教職員大学院でしたっけ? そこでは、(こういうテクニックを)教えてないのですか??
コメントに対する支持数:0
かっつん
かっつん さんからのコメント
職業
個人事業主
都道府県
岐阜県
中学校の社会で、確か日本の国債などは習いますが、ただの数字でしかないですからね。
確かに問いかけ型の教育はもう少しあるべきかなと思います。
ただ、そういったことをするには授業時間が足りないという声も聞きますね。
コメントに対する支持数:0
shigeo
shigeo さんからのコメント
職業
会社役員・顧問
都道府県
愛知県
政治に関して、タブー視する文化は、まだまだ日本には根強いと感じています。フェイスブックで書いたら、露骨に「いいね」が減るとか(^^; しかし、民が無関心であればあるほど、一部の「業界人たち」だけで、政治は動かされていくんですよね。一人一人の意識改革が必要です。
コメントに対する支持数:0