KAZUTOYO.K 政治家・政治家志望
KAZUTOYO.K

教育関連職 愛知県名古屋市中川区 30代 男性

会員支持数
-位(-P:2018年6月) -位(-P:2018年)
オピニオン・コメント投稿数
-位(-P:2018年6月) -位(-P:2018年)
Share (facebook)

 多くの日本人が,お上の懐での生活に慣れすぎて,政治というワードへの抵抗感がやたら引き上げられています。しかし,そもそも,政治は,もっと僕らの生活に身近なもので,自分たちの生活の向上を声を上げて叫ぶことは極めて自然なものです。現代は残念ながら長年の懐生活でその感覚がマヒしているのでしょう。

しかし,そこから脱する機会,人,物,金,情報は案外僕ら一般ピープルの周りに転がっているように感じます。まずは,一般ピープルの具体的な活動がその源泉です。政治について語り合う会でも,NPOでも,1事業でも,自分たちの行っている活動の延長に政治があるのでしょう。

自分たちが所属するコミュニティの中に「小さな政治」が必ずあって,そしてそこには多くの矛盾や不条理がある。それに対して疑問を持つ中で,「政治的思考力」が訓練されていく。それは,普通の人間ならば,珍しくない当たり前の学習です。

しいて言うなら,疑問を持つことができるようにするには,教育が大きな役割を果たせる。(教育といっても学校の中だけでなく,各種勉強会や異業種間交流,セミナーなどのレベルでもOK)

日本は成熟社会といいますが,それは人,者,金,情報などの資源が豊富という意味で,思考においてはまだまだ未成熟です。まずは,いかにすれば人それぞれが「小さな政治」にふれ,「政治的思考力」を高めようとする気持ちを持たせ,それを持続させるか,いかにすればそのような学習の場が提供でき,皆さんが互いに「政治的思考力」を高め合えるか,それが大切ではないでしょうか。

多少偉そうに感じたらすいません。
つまり,皆で勉強し合っていきましょう!みたいな感じです。

コメント

コメントを投稿するにはログインしてください。

KAZUTOYO.K
KAZUTOYO.K さんからのコメント
職業
教育関連職
都道府県
愛知県
僕はもっと、皆さんが普段属する社会に存在する色々な問題点や課題について話が聞きたいです。

そこには業界特有の問題点や課題があり、誰もが疑問をもってはいても真剣にそれについて議論するということがもしかしたらすごく少ないんじゃないかと思います。

それができる場は確実に増えて来ています。

抽象的な議論で勝手に満足するでなく、ミクロな視点で、具体的で、かつリアルな問題提起による議論が必要ですね。
コメントに対する支持数:1
shigeo
shigeo さんからのコメント
職業
会社役員・顧問
都道府県
愛知県
おっしゃる通りだと思います。
そのためには、個々が、小さなことでも発信すること、議論にしていくことですよね。

発信すること、議論することは、時間も使い、手間もかかり、勇気もいります。
しかし、聞いている(読んでいる)だけでは、絶対に「政治的思考力」は養われないと思うのです。
コメントに対する支持数:1