つるちゃん
つるちゃん

会社員 愛知県 30代 男性

会員支持数
-位(-P:2018年6月) -位(-P:2018年)
オピニオン・コメント投稿数
-位(-P:2018年6月) -位(-P:2018年)
Share (facebook)

脱原発を掲げて細川元総理が出馬を検討しているという報道があり、出馬すれば都知事選の争点は脱原発になるのではという報道があります。
また、既に出馬表明している宇都宮氏も脱原発を掲げています。

しかし、東京都内には原発はありません。東京都が関われるとしたら東京電力の株主としてという立場だけではないでしょうか?
その株主としての立場も東京電力のHPによると1.2%しか保有しておりません。
脱原発を掲げても実行不可能ではないでしょうか?

もちろん、国政に与える政治的意味は大きいでしょうが、このような重大な政策を都民の意見だけで変更されては地方に住む我々を無視することにもなります。
(おそらく都知事選の結果がどうあれ自民党の原発再稼働の路線は変わらないでしょうが)

もちろん決めるのは都民ですからなんとも言えませんが、オリンピックをどうするとか、福祉の話とか、都市の魅力を高めるとか都政に関わることを争点にすべきなのではないでしょうか?

コメント

コメントを投稿するにはログインしてください。

shigeo
shigeo さんからのコメント
職業
会社役員・顧問
都道府県
愛知県
東京都知事選は、自治体の首長選挙の枠を超えたものになっていると思います。

東京のGDPは国家に置き換えると世界16位、韓国より上です。そこのトップは当然、国政にも影響を与えます。また、大統領制ではない日本では「総理大臣」は直接、民が選べませんが、「知事」は直接選挙です。よって、都民もけっこう積極的で、前回の投票率は60%超(ちなみに、前回の名古屋市長選挙は40%くらい)。そして、浮動票が多い東京は、昨今の国政選挙の投票傾向に先んじていて、今後の選挙を推し量る意味もあるようです。

福祉や公共インフラの老朽化などの問題は、東京にもありますが、決定的な争点にはなりません。
簡単に言えば、いわゆる「自治体的な問題」は極めて少ないのが、東京都です。

そして、先述した国政的な影響力、選挙は争点を明確にしたほうが良いという(業界人の)考えから、「脱原発」が挙げられているのだと思います。「脱原発」は、現場感の無い、単なる政治ツールになってしまっています。

でも、当初、女性の知事が良いんじゃないかと、業界人、マスコミが、やんや言ってた割には、世論調査では、元厚労省大臣がトップになるなど、東京都民はしっかりしてそうだなと思ってますけど・・(^_^;)
コメントに対する支持数:0