おーちゃん
おーちゃん (おおにしまさたか)

会社員 埼玉県

会員支持数
-位(-P:2018年6月) -位(-P:2018年)
オピニオン・コメント投稿数
-位(-P:2018年6月) -位(-P:2018年)

よろしくお願い致します。

Share (facebook)

仕事にいく時の駅前。

月に1、2度ほど、市議会議員さんがいて。

なにかを一生懸命にしゃべっているが。

誰も立ち止まらず、誰もきちんと聞かず。

自分も立ち止まらず、自分もきちんと聞かず。

でも、その人は、ずっと何かをしゃべり続け、びらをまき。

で、そのびらが、駅のごみ箱にあったりして。

「これ、意味あるのかなぁ?」と思うのですよ。

単に、「これだけ、自分は頑張ってるんですよ」って、アピールしたいだけなんじゃないかって。

職場でも、「本当に頼りにできる人」とか「本当に仕事ができる人」って、別に、その人がアピールや演説していないくても、自然とわかるものじゃないですか。

結局、そうやって、だらだらやらないと、自分の存在を示せないって、残念だと思うのは、僕だけでしょうか。

結果で、きちんと示せれば、出勤時や帰宅時の街頭演説っていらないんじゃないかなぁ。

あと、選挙前だけ、急に演説したり、選挙カーで回ったり。

ああゆうのも、どうかと思うし、それで選挙結果が変わるのなら、その程度の政治なのかなぁと思ってしまうのですが、どうでしょうか?

コメント

コメントを投稿するにはログインしてください。

とし3578
とし3578 さんからのコメント
職業
個人事業主
都道府県
三重県
まさに、そこが日本の政治の脆弱な姿そのものです。そこを何とかするために、衆賢政治や日本本気会がつくられたのだと思っています。
コメントに対する支持数:1
shigeo
shigeo さんからのコメント
職業
会社役員・顧問
都道府県
愛知県
辻立ちは、僕もたまに見かけます。「顔と名前を覚えてもらう」「頑張ってるぞってアピールする」ってことが、主旨で、そこで言ってることはあまり関係ないかもですね。

このような状況の理由はいくつかあると思いますが、もっとも、大きな理由は、民が「顔を知ってる程度」で投票するからだと思います。民がその程度なので、「業界人」にとって、最良の手段として、いわゆる「辻立ち」をやり続けるということでしょう。

民のほうが、「日常的に」人物や政策を見極めようと努力し、投票結果もそれで変わってくれば、業界人たちの手法も変わってくると思います。

ちなみに、議員のサイトをみると、8割は未更新、2割は活動日誌です。現役政治家や、本気で政治家を目指す人のほうが、発信しなくなるのは、滑稽な話ですね(^^;
コメントに対する支持数:0