shigeo
shigeo (小林茂雄)

会社役員・顧問 愛知県名古屋市港区 50代 男性

会員支持数
-位(-P:2018年6月) 2位(1P:2018年)
オピニオン・コメント投稿数
-位(-P:2018年6月) 2位(2P:2018年)

誰でも平等に発信、受信ができるインターネットは、「続きを読む

Share (facebook)
『東海地区の好景気から何を生み出すか?!』のイメージ画像

中小企業、一般消費者には、まだまだアベノミクスの恩恵は薄いと言われていますが、上場企業レベルでは、けっこう良い実績が出始めています。また、東海地区にいたっては、名古屋証券取引所上場の42社中、4割が純利益4割増と、好景気とも言えるような状況になりつつあります。

東海地区は、「地理的特性」から国全体の景気の影響を受けやすく、国全体の景気が上向けば、即、東海地区の景気も上向く、という傾向があるように思います。あとは、自動車関係の企業も多いので、円安効果で輸出が伸びれば、こちらも東海地区の経済を牽引することになります。

前者の地理的特性に関しては、江戸時代から続いており、後者に関しても、昭和から一世紀近い歴史があるわけです。

良くも悪くも、国全体の大きな「ビジネスストリーム」の中にあるのが、東海地区の経済であり、何か自分たちで見つける、生み出すことよりは、うまく流れに乗ることが、東海地区の「生きる術」であったと思うのです。

これはこれで、結果もついてきているし、正しい選択だと思いますが、同時に「オリジナリティ」に関しては、薄くなりがちかもしれません。

今後、地域主権をにらんだ上では、経済、政治はもちろん、すべてにおいて「自分たちで発想できる、何か起こしていける力」は、東海地区にとって大変重要だと思います。交付金をもらわなくてもやっていける都道府県は、東京と愛知だけです。この豊かさを、どう生かしていくかが大事だと考えます。

コメント

コメントを投稿するにはログインしてください。