とし3578 政治家・政治家志望
とし3578 (中村 敏明)

個人事業主 三重県松阪市

会員支持数
-位(-P:2018年6月) -位(-P:2018年)
オピニオン・コメント投稿数
-位(-P:2018年6月) -位(-P:2018年)
Share (facebook)
『第二次安倍改造内閣閣僚記者会見。』のイメージ画像

NHKで深夜に全閣僚の記者会見を録画であるが視ました。ひとことで言えば立派な布陣であると感じた。業界職域に支持を受けている自民党が日本の再生に本気である事を強く印象付けるものであった。全員とはとは言えないがそれぞれが専門性のあるプロで責任政治家であると実力を予感させるもののように思えた。女性の登用も素晴らしい。おおいに期待したい。まずはお手並み拝見。自民公明政権に危機感がまだあるように感じた。アベノミクスの影の部分に注意して。その点で確かで健全な野党がしっかりないと心配です。兼務の多い大臣がしっかりした仕事が出来る訳がないのだから、必ず問題が生じます。それさえ指摘出来ない野党に注意。

コメント

コメントを投稿するにはログインしてください。

u-jiro
u-jiro さんからのコメント
職業
会社員
都道府県
愛知県
今回の内閣改造については、石破さんのことばかりがクローズアップされて、なんかその他のことに対する印象が薄くなってしまったような気がしますね。しいて印象にのこったことを挙げるなら、小渕さんが経産大臣になったことでしょうか?(小渕さんは経済に詳しいのかな?)まあ、主要ポストにあまり変更がみられなかったということは、今までの路線を継承するという意思の表れなのかもしれませんね。
さて、オピニオン中にもあったのですが、今回は4人の女性閣僚プラス稲田さんが政調会長になったことからもわかるように、安倍総理がおっしゃる「女性の活用」というのを実現しているのでしょう。

ただ、日頃、世間に対して疑問に思うのは、みなさん「女性の社会進出」ってどういうものをイメージしているのかという点です。今、このテーマを扱うと結局は保育園の問題に矮小化されてしまうきらいがありますが、本当はライフサイクルを通してどのように社会と関わっていくのかまで、議論する必要があると思います。本来であれば、実際にもっと40代~50代くらいの女性の成功者がクローズアップされてしかるべきだと思います。このような生き方もありますよというロールモデルとして。理研にしてももっと取り上げるべき女性研究者がいたでしょうに。

まあ、まずは、今回要職につかれた女性の先生方がこの流れに先鞭をつけるべく、実績を上げて欲しいと思います。あと、名古屋市議会のマドンナF先生もがんばれ!
コメントに対する支持数:1