isasan
isasan

個人事業主 愛知県蟹江町(海部郡) 60代 男性

会員支持数
-位(-P:2018年7月) -位(-P:2018年)
オピニオン・コメント投稿数
-位(-P:2018年7月) -位(-P:2018年)
Share (facebook)

  今 私が知りたい事
東日本震災で被災地の方々に、私達が募金したお金が、これまでに、どう使われたのか?
あと、どれだけ残っていて、この先どう使われるのか?
その前に、まず一般募金と国からのお金との使途仕分けが有るのか?
これまでの被災地の地域別の復興状況と、特に遅れている地域の問題とそれに対しての行政側の取り組み方など? この様な事が知りたいです。
 東京オリンピックに対しての新競技場建設や東京湾岸部の再開発、またリニア新幹線の建設など、無くても特に困らない、今以上の生活システムを求める事より、どちらも必要とは思いますが、前者の被災地の差し迫った問題のほうに政治は優先度をおくべきだと考えます。
 政治家を目指す皆さんは、どの様にお考えですか?

 

コメント

コメントを投稿するにはログインしてください。

とし3578
とし3578 さんからのコメント
職業
個人事業主
都道府県
三重県
isasanの投稿を興味深く拝見しました。多分、一般的には、どこを窓口に募金をなすったにせよ、募金は募金、まあ、一番多いのは日本赤十字社を介しての募金だと思いますが、募金は時間を要したとしても、極力被災者に公平に分配しているでしょう。決して国からの助成金などと丼勘定にはなっていないと思います。その辺はわりかしこの国はきちんとやっています。でも、いい加減な募金活動もありますので、介在している機関の窓口には要注意。次に、復旧と復興の地域差ですが、福島を中心とした原発事故関連以外の地域の多くは復旧は進んで、復興の段階に入っているところもあります。圧倒的に福島は復旧が遅れています。行政側の取り組みは、高台移転などを計画しても、住民個々の意見と予算の食い違いで復興支援の公営住宅建設でさえ上手くいっていません。最後に、税金による予算の分配を決める事こそが政治家の仕事です。ですから政治家次第なので、とてもisasanの御意見のようには配分されていません。政治家次第なのです。国民、市民がどんな意思をもち、どんな政治家を選ぶのか、その一点にかかっています。期待してもそちらを優先しません。国民、市民の意識次第なのです。
コメントに対する支持数:1
shigeo
shigeo さんからのコメント
職業
会社役員・顧問
都道府県
愛知県
日本赤十字などに寄せられた義援金の金額、使途に関しては、以下の厚労省HPで公開しています。
http://www.mhlw.go.jp/shinsai_jouhou/gienkin.html
一応、被災者の手には渡っているようですが、正直、このくらいの額では、「一時しのぎ」という感じだと思います。マスコミも、昨今、この手の話題にあまり触れているとは思えませんね。残念ながら、いわゆる「風化」は始まっているのかなと思います。

isasanのご質問ですが、答えになっているかどうかわかりませんが、私としては、震災を機に東北を新しい都市に変えていくほうが良いと思っていました。関東大震災の際、後藤新平が主張していたような話です。

以下、ご参考に。
http://www.amazon.co.jp/%E5%BE%8C%E8%97%A4%E6%96%B0%E5%B9%B3-%E5%A4%A7%E9%9C%87%E7%81%BD%E3%81%A8%E5%B8%9D%E9%83%BD%E5%BE%A9%E8%88%88-%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E8%B6%8A%E6%B2%A2-%E6%98%8E/dp/448006639X
コメントに対する支持数:0