shigeo
shigeo (小林茂雄)

会社役員・顧問 愛知県名古屋市港区 50代 男性

会員支持数
-位(-P:2018年6月) 2位(1P:2018年)
オピニオン・コメント投稿数
-位(-P:2018年6月) 2位(2P:2018年)

誰でも平等に発信、受信ができるインターネットは、「続きを読む

Share (facebook)
『解散風』のイメージ画像

解散風が吹いていますね。主な理由は、消費税10%の実施にあたって民意を問う、ってことらしいのですが、どうも解せません。

テーマに依るかもですが、民意を問うのは、すべからく総選挙である必要があるのでしょうか? 国民投票で良いのでは?

総選挙にかかる費用は800億円と言われています。でも、国民投票でもそのくらいかかると言われているから、これは同じか(^_^;) ちなみに現在の選挙は「憲法違反状態」なので、その改善をせずにまたやることになりますね。最高裁もなめられたものです。

仮に年末に選挙だと、第2次安倍内閣は、2、3カ月で終了。各大臣が仕事ができたとは到底思えません。なんだったんでしょう、モーニングやドレスを着て記念写真を撮ったのは? 「スタジオアリス」で十分かもしれません。

他の議員も、前回の総選挙から2年くらい・・・どうなんでしょう、仕事できているんでしょうか?もっと腰据えて、仕事してほしいし、したかったのでは?と思います。

費用は同じだとしても、人が頻繁に入れ替わる「見えないロス」は大きい。
大臣を多く輩出する衆議院の解散頻度が高ければ高いほど、官僚主導は盤石になる。
そんな構造なのだとも思います。

みなさんは、どう思いますか?

コメント

コメントを投稿するにはログインしてください。

shigeo
shigeo さんからのコメント
職業
会社役員・顧問
都道府県
愛知県
大企業が潤えば、そのうち下々にもお金が行きわたり全体が潤う。資本主義って基本的にこういった「トリクルダウン」の構造だと思ってます。

中間層、低所得者層に国がダイレクトにお金を配ることと、社会主義化するってことの「違い」をちゃんと説明できる民は少ないでしょうし、ましてや、社会主義がなぜダメなのかを、ちゃんと自分の考えで理解している人も少ないかも。

マスコミも取り込まれているのは、けんぼうさんの言う通りだと思いますが、その理由として、彼らも大組織であり、「民主他野党の組織的拙さ」についていけないのではないでしょうか。
内紛まみれに浮世離れ・・・野党があまりにも頼りないので、(いろいろあるけど)自民党の組織的安定感に寄ってしまている、そんな感じがします。
コメントに対する支持数:0
けんぼう
けんぼう さんからのコメント
職業
会社員
都道府県
東京都
安倍がリーダーを務める自民党が1億2千万人を動かしてく上での手法に長けているなというのは漠然と感じますね。
とはいえ解散総選挙で是非を問う
といわれても所得が減って
税金が増えて老後が心配
では誰のための何を問われているか
政治・行政に任せてきたのかがわからない。
一部では古舘伊知郎は安倍に噛みついて詰問しようとしたから番組にこなかったとか
安倍に詰問できないなら出てもらわなくていいと言ったとか言われてますね。
マスメディアも間違いなくコントロールされてますもんね。。
双方の視点を常に対比的に述べるメディアがあれば面白いと思うのですが。
西洋の「白か黒か」ではなく
東洋の思想はもともと「悪があるから善がある」など両面で物を見るものではなかったかと。。
コメントに対する支持数:1
shigeo
shigeo さんからのコメント
職業
会社役員・顧問
都道府県
愛知県
一部「火遊びが火事になった」と言われてますよね(^_^;) いろいろあっても支持率も落ちず、しばらく解散もないなぁと、破れかぶれで大臣の個人批判を続けていたら、解散されちゃった!?みたいな。そういった虚をつくのも政治なのだ、と言われればその通りなんですけどね。

大急ぎで野党再編、候補者調整が始まってますけど、結局「組織による数字ゲーム」なのかなと感じています。数字ゲームである限りは、政策的な妥協は必須になり、仮に勝っても(実務では)また破綻・・・そんな「民主党シンドローム」の繰り返しである限り、国政って変わらないと思うし、自民党は強いってことかも(^_^;)
コメントに対する支持数:1
u-jiro
u-jiro さんからのコメント
職業
会社員
都道府県
愛知県
昨日、安倍総理の解散記者会見及びNEWS ZEROでの村尾さんのインタビューを見ました。私の感想は、正直、「安倍さん凄いな」というところでした。自民党にとって、正直、解散をしてもメリットと呼べるものはあまりないような気がします。例えば、議席数はおそらく減ることは確実だろうし、議席がどれだけ減るのかによれば、当然、責任論もでてきます。また、今の状態であれば、どのような法案でも通るような状況を手放し、あえて、これまでのアベノミクス、集団的自衛権、基地問題、原発問題などの審判を求め、消費税の増税についても国民の是非を問う。普通に考えれば、なかなかできることではないような気がします。

むしろ、批判されるべきは与党より野党にあるような気がしています。圧倒的弱者のまま、あと2年過ごさなければならなかったのに、降ってわいたような解散話。ここで一気呵成にいくのかと思いきや、急すぎて準備ができないとか、解党話とか、野党にとってはありがたいはずの解散そのもの自体にまで文句をつける始末。

なんかこのままでは、あんまりの自民党の議席も減らないような気がしないでもありません。
コメントに対する支持数:1
shigeo
shigeo さんからのコメント
職業
会社役員・顧問
都道府県
愛知県
やはり解散になってしまいましたねー(^_^;) おーちゃんさんの疑問に対する答えになっているかどうかわかりませんが、やはり、民が声をあげ続けることだと思います。現代はインターネットという「発信ツール」はあるのですから、それを継続して使うことです、そして、呆れながらも選挙に行くことではないでしょうか。
 
日本人は、インターネット普及率は世界的にみても、非常に高いポジションにありながら、政治的な影響は全然ダメだと思います。(結果としての是非はどうあれ)アラブの春にしても、中国の共産党員の贅沢禁止令にしても、香港のデモにしても、ネットから起きたムーブメントです。日本でそういうことは起きたことがありません。フェイスブックなんかは、世界一利用者が多いのに、ほとんどの人は、どれだけ自分の人生が充実しているかを、嬉々として報告しているだけです(^_^;)

国政選挙になると、(ネット上でも)少し盛り上がりますが、喉元過ぎればなんとやらで、みんな、すぐ飽きちゃうんですよね(>_<) それを見透かして、政治家たちもネットでの発信に熱心じゃない人たちはたくさんいます。発信したほうがボロが出る、実質、選挙には関係ないから無駄というか、むしろマイナスなんだそうな。

いち民がネットで発信しても何も変わらない、という人もいるかもしれないけど、何もしなければ(もう一回戦争に負けるくらいのことでもない限り)絶対、何も変わらないとは思います。おーちゃんさんも、あきらめずに発信し続けてください。
コメントに対する支持数:1
おーちゃん
おーちゃん さんからのコメント
職業
会社員
都道府県
埼玉県
どうしたら、あの人達を覚ますことができるのでしょうか?

本当の民意は伝わるのでしょうか?

悔しいです。。。。。
コメントに対する支持数:1