shigeo
shigeo (小林茂雄)

会社役員・顧問 愛知県名古屋市港区 50代 男性

会員支持数
1位(1P:2018年5月) 2位(1P:2018年)
オピニオン・コメント投稿数
1位(1P:2018年5月) 2位(2P:2018年)

誰でも平等に発信、受信ができるインターネットは、「続きを読む

Share (facebook)
『衆賢勉強会「2025年の世界予測」 雑感』のイメージ画像

この本は、とにかく「前向き」「明るい未来」。
経済学者がこういう未来予想本を書くと、比較的ネガティブな内容になりがちなのに対し、まぁ、日本の未来はバラ色って感じでした(^_^;)

景気は主に「エネルギー価格」に左右され、シェールオイルだの水素だの新しいエネルギーが出てきて、全体的には安くなり、「良いデフレ」になる。良いデフレとは、商品・サービスの価格は下がっているけど、収入(給与)はその影響を受けすぎず下回らない、っていうデフレだそうです。

おまけに「水素技術」に関しては、日本はすごく世界をリードしているので、競争力もバッチリさ!・・・とか。ざっくり言うと、そんな感じです。

勉強会の参加者も、さすがに「そうだね、バラ色だねぇ」という人は少なく、豊富な知識を背景に、(本の内容そのものを)真っ向否定する人もいたりして、なかなか活発な勉強会でした。

私自身としては、この本の中で、「これからの日本の産業は、農業、観光、医療だ」と言い切ってるくだりがあるのですが、ええ!?それって普通じゃん!と(^_^;)

まったくの更地というか、これから国を始めます的なところでは、それでOKだと思いますが、「既得権益者」とどう折り合いをつけるのか? に関して言及してほしいと思うわけです。

例えば、観光に関して。外国人観光客の増加に伴い、特に東京に関しては、今あるホテル客室数では不足するので、旅館業許可を緩和して、普通の民家でもホテル、旅館にできるようにする案が出ていますが、それを反対しているのは、現在、ホテルや旅館をやってる人たち、既得権益者たちです。客を獲られる・・ってことですわ。

ここらへんを、どうするか、筆者の考えを知りたかったところですね。「僕は政治家じゃないから。そりゃ政治家の仕事だろ」ってことかもしれませんが(^_^;)

コメント

コメントを投稿するにはログインしてください。