shigeo
shigeo (小林茂雄)

会社役員・顧問 愛知県名古屋市港区 50代 男性

会員支持数
-位(-P:2018年6月) 2位(1P:2018年)
オピニオン・コメント投稿数
-位(-P:2018年6月) 2位(2P:2018年)

誰でも平等に発信、受信ができるインターネットは、「続きを読む

Share (facebook)
『憲法記念日』のイメージ画像

5月3日は1948年に日本国憲法が、公布・施行されてから67年目の記念日でした。しかし、多くの国民には、「ゴールデンウィークの一日」として認識されているに過ぎません。

一部、政治家の間では、「護憲派の集会」と「改憲派の集会」が行われたようですが、そんなにムーブメントにはなっていないようです。安倍政権になって、憲法改正の話題はちょいちょい出てきますが、憲法記念日にマスコミもそれほどフィーチャーしないってのいうのも、面白いものです(^_^;)

憲法は、(法律とは違って)専門知識の有無は関係なく、誰でもわかる文章で書いてあります。簡単に言えば「この国をどんな国にしたいか」を明文化したものです。
日本語だと、「憲法」と訳されてしまったので、法律的なイメージ強いですが、英語の「Constitution」は、もう少し広範囲な意味合いがあるんですね。日本語に訳すことでイメージを矮小化してしまっている気もします。明治エリートの功罪ですな。

明治時代の初期、世は憲法ブームに沸き、民間でたくさんの憲法案が作られました。
(有名なのは「五日市憲法」です)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E6%97%A5%E5%B8%82%E6%86%B2%E6%B3%95

毎年、憲法記念日には、学校や自治体で「憲法を作る」ってイベントをやるのはどうでしょう?(^^ゞ

全部作らなくても良いんです、「前文」だけでも、自分たちで考えるという意味では、十分、意味があると思いますし、やってみるとけっこう面白いと思うのですが・・。
現行憲法や、自民党の憲法案の、どこが悪いとか、良いとかを議論する前に、「自分たちでゼロから作ってみる」と、いろんなことに気づかされる、見えてくるような気がします。

コメント

コメントを投稿するにはログインしてください。

mayu
mayu さんからのコメント
職業
その他
都道府県
東京都
先日、何かの番組で、立命館宇治高校の授業風景が紹介されていました。憲法改正についてグループディスカッションし、終了後に模擬投票するというものです。担当の杉浦先生は、もう何年も、憲法を考えさせる授業をされています。「憲法を正しいものとしてありがたく拝むより、自分が社会をつくる主人公だと意識して改憲の是非を判断できることが大切だ」という考えで始められたようで、改正案を作成してみるということもされてきたようです。取材をしたクラスは、改憲賛成派が多数でしたが、他のクラスでは逆の結果もあるとか。先生は授業の難しさは、自分があくまでも中立の立場をとることだ、と言っていました。それは非常に重要なポイントで、教師の力量に左右されるリスクはありますね。それでも、こういう授業はぜひ全ての高校でやってほしいものだと思いました。投票権が18歳以上になったら、高校3年生で投票権を持つ生徒が出てくるわけですから、より高校の授業が大切になりますね。意識を高めて投票に行く、その意識のまま大人になる、っていう流れになってほしい。
コメントに対する支持数:1
shigeo
shigeo さんからのコメント
職業
会社役員・顧問
都道府県
愛知県
弁護士会は「護憲派」が多いと聞いたことがあります。大学の法学部教授も護憲派が多く、「改憲派」だとカミングアウトすると、(教授会から異端児のレッテルを貼られ)教授にはなれないそうな。慶応の小林節教授が言ってました。彼は「護憲派」と偽って、教授になってから「改憲派」に変わった・・ってことにしたそうですw。

いわゆる「踏絵」に憲法が利用されているわけですから、ニューカマーさんの言われるように、まさしく宗教ですよね(^_^;) 

現行憲法の成り立ちは、今回の衆賢勉強会の課題図書『自由と民主主義をもうやめる』にも出てきています。そのプロセスを知ると、変えたくなる気持ちもわかります。しかし、大日本帝国憲法も伊藤博文ほか薩長の人たちの都合の良いように、作られた傾向はあるのです。

結局、薩長でもアメリカでも、時の権力者によって「与えられた憲法」しか日本人は経験がない、というのが歴史の事実です。そして、そのやり方は、日本人にそこそこフィットしてきたような気もしてるんですよねぇ。

私自身は、自分たちで考えるほうが「民主主義リテラシー」も上がると思うのですが・・・(^_^;)
コメントに対する支持数:0
ニューカマー
ニューカマー さんからのコメント
職業
会社員
都道府県
愛知県
5月3日、私は愛知県弁護士会主催の「護憲」の講演会に行ってきました。

安倍総理の存在と方向性が、護憲派にある種の熱気を与えているようで、会場には2500人ほどが集まっていました。が、
私は何となく、つまらなく感じて、途中休憩のおり、退席してしまいました。

護憲派の集会ですから、仕方がありませんが、改憲派の立論を正確に捉えることなく、批判に終始し、現憲法が、まるで宗教のような「信仰の対象」になっていると感じました。

自民党改憲案は雑。護憲派は思考が古い。無関心層は、より悪い。
憲法記念日に限らず、もっともっと多角的に精緻な議論を積み重ねていくべきでしょう。
個人的に勉強を続けたいテーマです。

~ニューカマー~
コメントに対する支持数:2