衆賢政治.jp 事務局
衆賢政治.jp 事務局

その他 東京都新宿区

会員支持数
-位(-P:2018年6月) -位(-P:2018年)
オピニオン・コメント投稿数
-位(-P:2018年6月) 1位(5P:2018年)
Share (facebook)
『第13回衆賢勉強会のご案内【図書「昭和16年夏の敗戦(猪瀬直樹)」】 』のイメージ画像

以下の日程で、第13回衆賢勉強会を開催します。

◆日時:2015年9月9日(水)19:00~21:00
◆場所:田町か銀座か渋谷か新宿(詳細は確定次第、参加者に広報します)
◆形式:読書会形式(以下の課題図書を事前に読んできてもらい、ディスカッションします)
◆課題図書:「昭和16年夏の敗戦(猪瀬直樹 著)」

<「昭和16年夏の敗戦」について>

【内容紹介】
緒戦、奇襲攻撃で勝利するが、国力の差から劣勢となり敗戦に至る…。日米開戦直前の夏、総力戦研究所の若手エリートたちがシミュレーションを重ねて出した戦争の経過は、実際とほぼ同じだった!知られざる実話をもとに日本が“無謀な戦争”に突入したプロセスを描き、意思決定のあるべき姿を示す。

【著者略歴】
猪瀬/直樹
1946年長野県生まれ。83年に『天皇の影法師』『昭和16年夏の敗戦』『日本凡人伝』を上梓し、87年『ミカドの肖像』で第十八回大宅壮一ノンフィクション賞。『日本国の研究』で96年度文藝春秋読者賞。2002年、小泉首相より道路公団民営化委員に任命される。その戦いの軌跡は『道路の権力』『道路の決着』に詳しい。06年に東京工業大学特任教授、07年に東京都副知事に任命される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

◆プログラム:1.政治関連基礎知識レクチャー 2.課題図書ディスカッション
◆参加費:参加人数、場所によって変わりますが、1,000~2,000円を想定
◆その他:勉強会終了後、有志による懇親会を予定しています

参加希望者は、8月27日(木)までに、下記メルアドまでご連絡いただくか、
フェイスブック「衆賢政治.jpグループ」のイベントで参加表明してください。
info@shukenseiji.jp

衆賢政治.jp 事務局

コメント

コメントを投稿するにはログインしてください。