u-jiro
u-jiro

会社員 愛知県小牧市 30代 男性

会員支持数
-位(-P:2018年7月) -位(-P:2018年)
オピニオン・コメント投稿数
-位(-P:2018年7月) -位(-P:2018年)

愛知県内の経済団体に勤務しております。商店街の活性続きを読む

Share (facebook)
『国務長官から市長になった男』のイメージ画像

七日告示された飛騨市長選は、無所属で新人の都竹淳也さん(48)=自民、民主、維新推薦=が無投票で初当選した。都竹さんは「豊富な地域資源を伸ばし、市の発展につなげたい」と、同市古川町の報告会場で力強く決意を述べた。

 午前九時に同市古川町の事務所で出陣式を開き、「人口減少先進地で、どう地域の未来をつくるかが争点だ」と第一声。その後、選挙カーで市内を回った。立候補の届け出が締め切られた午後五時すぎ、報告会場で支持者に拍手で迎えられ、満面の笑みを浮かべた。

 都竹さんは「準備期間中にも強い期待の声をいただいた。応えられる場に導いてくれた皆さんに感謝したい」と述べた。市民が安心して誇りが持てるまちづくり、観光振興などに意欲を示し、「市民の力を結集し、未来の飛騨市をつくっていきたい。超前向きを目指す」と言葉に力を込めた。

                             2月8日 中日新聞Web版より

 都築さんとは、一度、勉強会にお招きさせていただき、その後、お酒をご一緒させていただきました。その頃は、岐阜県庁の職員という肩書とB級グルメを活用した地域おこし活動「鶏ちゃん合衆国」の国務長官という2つの顔をお持ちでした。「鶏ちゃん合衆国」は岐阜県の飛騨地方のご当地名物である”鶏ちゃん(鶏の肉や内臓などを野菜と一緒に焼いたもの)”を広めるために組織された活動で、最近のプロダクトアウトの取ってつけたようなご当地名物とは一線を画し、あくまでも①ご当地の良いものを知ってもらう、②あくまでもご当地に食べにきてもらう、③ユニークな仕掛けにより、知事までも巻き込んだ広い取り組みとなっているなどの特徴あげられます。そして、都築さんは県庁の職員でありながら、その取り組みの仕掛け人でありました。

 最近のB級グルメやゆるキャラには、正直、クスッと笑えるようなユーモアや商品・キャラクターの背後にあるストーリーが見受けられないものが非常に多く感じます。地方創生と国が言うから作りましただとか、B-1グランプリが有名になったから、うちもそれに乗っかりたいというプロダクトアウトの発想で”とにかく作ってみました”というものが多すぎるような気がします。しかし、地域に受け入れられていないようなものは所詮、一時のブームにしかなり得ず、すぐに忘れ去られてしまうと思うのです。

 また、都築さんの素晴らしいところは、県庁職員としてやってきた経験や地域のための活動を経て、政治家になられたところであると思っています。一時期の地域政党ブームの折は、政治塾に行って政治家になろうというような流れがありましたが、やはり「地域活動もしないで、机上の空論ばかりで政治家になろうとしてもダメだ」ということですかね。

 是非、今後の飛騨市の市政、都築さんの取り組みに注目してください!

 鶏ちゃん合衆国HP http://keichan-us.com/

コメント

コメントを投稿するにはログインしてください。

shigeo
shigeo さんからのコメント
職業
会社役員・顧問
都道府県
愛知県
国立羽ー鶏大学!? なかなか良いですね。本家のハーバードは国立じゃないと思いますけど(^-^;
サイトもなかなか、立派ですね。http://keichan-us.com/
グッズがあると、嬉しいかもです。
コメントに対する支持数:0
u-jiro
u-jiro さんからのコメント
職業
会社員
都道府県
愛知県
いろいろなイベントに参加したり、マスメディアに情報発信したりなど積極的に活動しているみたいですね。9月には生活情報誌などとコラボした下呂・鶏ちゃんバスツアーが開催され、下呂の観光名所を訪れながら鶏ちゃんの知識を深められました。尚、参加者には、鶏ちゃん合衆国立「羽ー鶏大学」(ハーバードだいがく)の卒業証書が授与されました模様です。
コメントに対する支持数:1
shigeo
shigeo さんからのコメント
職業
会社役員・顧問
都道府県
愛知県
鶏ちゃん合衆国は、最近、どうなりましたか? 気になります(^_^;)
コメントに対する支持数:1
u-jiro
u-jiro さんからのコメント
職業
会社員
都道府県
愛知県
alohaさん
飛騨牛が有名な飛騨市です。古い町並みで有名な高山市のお隣です。
「鶏ちゃん」は鶏農家が多いこの地方で、「豚の内臓」が珍味なら「鶏だって美味しくねぇ?」と地元の人が食べ始めた、この地方に伝わる郷土料理です。世代を超えても廃れないモノには、それなりの理由があると思ってます。是非、ご賞味あれ。
mayuさん
最近は、日常の職務を超えて地域活動をおこなう公務員、俗にいうスーパー公務員が増えています。石川県の羽咋市の高野さんなんかはローマ方法に羽咋の米を献上したということで有名ですよね。地域外からも評価をされるような公務員がいっぱい出てくると、もっと地方が活性化すると思います。

東京のみなさんが、知っているけど、行くにはちょっとと思われるのは、まだまだ、それぞれの地域資源が有機的に結びついていないからだと思っています。昇竜道もそうですが、形が龍に似ているだけでは、なかなか旅行者には響きませんよね。それらの観光地にどのようなストーリーを作りつなぎ合わせられるのかや、観光客の旅行をどうプロデュースできるのかなど、まだまだ考えなけれえばならないことが多くあるように思います。
コメントに対する支持数:1
mayu
mayu さんからのコメント
職業
その他
都道府県
東京都
興味深いお話ですね。県の職員としてではなく、個人として合衆国を仕掛けたということでしょうか?ボランティアベースで運営を続けているのだとすれば、凄いなあ、と思いました。
飛騨といえば全国的な知名度が高いですし、私も国内旅行の話が出た時には、よく候補に上げます。でも、最終的には他のところになってしまって、まだ一度も行っていません。なんでしょう・・・あと一押しなんです。交通の便が良くなさそうなのを押してまで行こうと思える場所になれば観光客も増えるのではないでしょうか。今後の取り組み、楽しみにしてます。
コメントに対する支持数:2
aloha
aloha さんからのコメント
職業
会社員
都道府県
東京都
飛騨市は行ったことがないんですけど、飛騨牛?とかで有名でしたっけ。鶏ちゃん合衆国いいですね。食べたくなりました。地方創生の時代、地域活動とビジネスセンスや経験、行動力、みんな必要な気がしますね。飛騨市はそんな人がいて良いですね。
コメントに対する支持数:2