衆賢政治.jp 事務局
衆賢政治.jp 事務局

その他 東京都新宿区

会員支持数
-位(-P:2018年6月) -位(-P:2018年)
オピニオン・コメント投稿数
-位(-P:2018年6月) 1位(5P:2018年)
Share (facebook)
『第19回衆賢勉強会のご案内【図書:新国立競技場、何が問題か: オリンピックの17日間と神宮の杜の100年(槇 文彦 他)】 』のイメージ画像

以下の日程で、第19回衆賢勉強会を開催します。

◆日時:2016年3月15日(火)19:00~21:00
◆場所:たぶん新宿(詳細は確定次第、参加者に広報します)
◆形式:読書会形式(以下の課題図書を事前に読んできてもらい、ディスカッションします)
◆課題図書:「新国立競技場、何が問題か: オリンピックの17日間と神宮の杜の100年(槇 文彦 他著)」

<「新国立競技場、何が問題か: オリンピックの17日間と神宮の杜の100年」について>

【内容紹介(amazonより)】
歴史ある神宮外苑に、巨大施設は必要なのか。新国立競技場が粗大ゴミにならないためには何をするべきかを考える。

【著者略歴】
槇/文彦
1928年東京生まれ。建築家、槙総合計画事務所代表。東京大学工学部建築学科卒業、ハーバード大学デザイン学部修士修了。主な作品に、ヒルサイドテラス、スパイラル、幕張メッセ、風の丘葬斎場、MITメディアラボ、4WTC(ニューヨーク)など。日本建築学会賞、プリツカー賞、AIAゴールドメダルなどを受賞

大野/秀敏
1949年岐阜県生まれ。建築家、東京大学大学院教授(新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻)、博士(工学)。主な作品に、NBK関工園事務棟・ホール棟、YKK滑川寮、フロイデ彦島、東京大学数物連携宇宙研究機構棟など。日本建築学会賞、日本建築家協会新人賞、BCS賞、ベルカ賞などを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

◆参加費:参加人数、場所によって変わりますが、1,000~2,000円を想定
◆その他:勉強会終了後、有志による懇親会を予定しています

参加希望者は、2月28日(日)までに、下記メルアドまでご連絡いただくか、
フェイスブック「衆賢政治.jpグループ」のイベントで参加表明してください。
info@shukenseiji.jp

衆賢政治.jp 事務局

コメント

コメントを投稿するにはログインしてください。

衆賢政治.jp 事務局
衆賢政治.jp 事務局 さんからのコメント
職業
その他
都道府県
東京都
勉強会会場はこちらです。東京都渋谷区代々木2丁目7-6 GSハイム佐藤ビル701号室
コメントに対する支持数:0