hiro
hiro

会社員 東京都

会員支持数
-位(-P:2018年6月) -位(-P:2018年)
オピニオン・コメント投稿数
-位(-P:2018年6月) -位(-P:2018年)
Share (facebook)

本日、体調をくずし、会社を休んだので、ゆっくり国会中継見てます。TPPについての委員会で、質問するのが与党の議員。そもそも与党の質疑がいるのか?というのもあると思いますが、質疑の最初に必ず、取り組みを賞賛したり、安倍首相をよいしょしたり、バカみたいです。そして、質問というよりも「TPPで期待されるメリット」とかの期待を説明し、最終的には、「総理の見解をお伺いしたい」と、アピールする場を与える。あたかも、この質疑で党内の査定をされるかのようです(笑)
この茶番はやめるべきだと思うのですが、いかがでしょうか。

コメント

コメントを投稿するにはログインしてください。

とし3578
とし3578 さんからのコメント
職業
個人事業主
都道府県
三重県
hiroさん投稿有難うございます。特に困ってない地方なんてありません。困っていても保育園問題と同じで一部の人達が困っているとしているだけです。過疎、限界集落、耕作放棄地や治水、防犯防災など巡り巡りて我が身に還りますが住民各自に当事者意識がまるでないのです。そうした問題が議会に反映されていないのです。まず、候補者の主張などの情報がキチンとテレビの討論会などで伝わっていますか?何も判らず投票日が来ていませんか?その上でこの低投票率です。地方の方が有権者にとって身近であるのにです。御自身の生活に直結しているのにです。
コメントに対する支持数:3
hiro
hiro さんからのコメント
職業
会社員
都道府県
東京都
>としさん そうなのですか。ここでも話題になっていましたが、地方行政ってほんとになんとかならないんですかね。それとも、特に困ってないところは、適当にやってればいいんでしょうか・・。
コメントに対する支持数:2
とし3578
とし3578 さんからのコメント
職業
個人事業主
都道府県
三重県
地方議会では一部を除きオール与党の場合が多く、もっと質問すらない出来レースが目立ちます。対立さえなかったりしますよ。まだ国会のほうがましです。
コメントに対する支持数:2