ニューカマー
ニューカマー

会社員 愛知県名古屋市北区

会員支持数
-位(-P:2018年6月) -位(-P:2018年)
オピニオン・コメント投稿数
-位(-P:2018年6月) -位(-P:2018年)
Share (facebook)

本日5月7日現在、次期アメリカ大統領候補について、民主党はヒラリー、共和党はトランプで決まりのようです。当初「過激なオモシロ候補」に過ぎなかったトランプが、いよいよ決勝戦にまで辿り着いたわけです。

「ブッシュ的じゃないオバマから、オバマ的じゃないトランプ?」になるのでしょうか。
私は個人的な趣味として、トランプよりはオバマが好きです。

「ポリティカル・コレクトネス」という言葉があるそうです。差別や偏見のない政治的な妥当性。政治的に正しいとされる美しい理念やタテマエという意味ですね。

政治には現実感覚が不可欠でしょうが、同時に理念やタテマエも必要だと思います。過激にぶっちゃければ、たしかに有権者に目立つことはできるでしょうが、他者を傷つける放言は、必ず実際の政治(国内外)を行う場面で支障をきたすと思います。

そして事の本質は、トランプがオカシイのではなく、そんなトランプを選ぶ有権者がオカシイ。
(より正確には)そんな有権者を取り巻く経済社会状況がオカシイということなのでしょう。(貧すれば鈍す。。)

経営者であるトランプについて、消費者ニーズの把握や損得勘定の合理性に期待する向きもありますが、どうでしょう。
大金持ちのトランプが、低学歴の白人貧困層に対して、真の意味での関心を持っているはずがありません。心の中では自分の支持者を蔑視し、選挙後に軽視することが目に見えています。

美しい言葉だけでは、社会は変えられません。しかし、汚い言葉から作られる社会は「より汚い社会になりがち」なのではないでしょうか。
自分の中の理想論に酔い過ぎない範囲で、やはり「ポリティカル・コレクトネス」は大切だと思います。
読んでいただきありがとうございました。

~ ニューカマー ~

コメント

コメントを投稿するにはログインしてください。

ニューカマー
ニューカマー さんからのコメント
職業
会社員
都道府県
愛知県
なるほど、なるほど。大変興味深いですね。
さすがはshigeoさん。おっしゃる通りですね。

この先、たとえばトランプ本人が消えたとしても、「トランプ的な人物による、トランプ的な主張や手法」は、影響力を持ち続けるでしょうしね。
最初は「自身の選挙のための合理的な行動」に過ぎなかったものが、徐々に日本の良識?固定観念?を揺さぶり、ついには「パンドラの箱(自主防衛や核武装など)を開いた」と、後世に語られるのかもしれませんね。

トランプを語る場合は、好き嫌いや、良し悪しではなく、すでにある影響力や、時間的な空間的な広がりを思索してみる必要がありますね。

※ちなみに私は、この衆賢の場でも「中学生的な理想論」にこだわっています。確信犯です。
今は、ガラガラポンの時代。目的そのものが見えにくくなっています。ですから、手段を競い合うだけでは不十分で、理想論の源泉となる「価値そのものが問われている」ようにも感じています。
コメントに対する支持数:1
shigeo
shigeo さんからのコメント
職業
会社役員・顧問
都道府県
愛知県
ニューカマーさんはトランプよりオバマが好きなのは、うなずけますね。私は、少し違う見方をしています。仮に、トランプが他の候補者同様、「普通の主張」をしていたら、もう負けてると思います。ああいう、善悪を越えたところで尖りまくった結果、マスコミにも取り上げられ、今があるのかなと。
政治という意味では、いかがなものか? でも、選挙戦というように、戦(いくさ)という意味では、正しいかもしれないです、彼。

少し違う話ですが、桶狭間の奇襲は、当時でいえば「卑怯」そのものらしいですし、鉄砲も「飛び道具」って感じで、武士としてどうなの?って感じだったようです。日本人が大好きな織田信長は、実はトランプ的であった、ということだと。普通にやっては勝てない弱者は、使えるものは何でも使って戦うってことでしょうね。

もう一つ思ってることがあります。トランプがもし勝って、公約通り、米軍基地の撤退、もしくは高額な費用の負担を請求してきたとしたら、日本人はもっと普通に「国防」に関して考えるようになるかもしれません。今、空気があるとか、夜は明けるくらいの「当り前」になりつつある、アメリカの傘の下状態が、実は当たり前じゃなかったと、本当に考えるようになると思います。考えるようになるのは良いことなのですが、今まで考えたことがないだけに、急に、ヒステリックになることが心配です。温和な人がキレルと恐いってのと、よく似ています。

ペリーで江戸幕府が終わり、マッカーサーで大日本帝国が終わり、今度はトランプで何かが終わるかもしれません。まぁ、アメリカとは前世では夫婦だったかと思うほど縁がありますがww、いずれにせよ外部によってにしか「国のかたち」を変えられないのは、良くも悪くも、日本の特性なのでしょうね。
コメントに対する支持数:1