aloha
aloha

会社員 東京都 30代

会員支持数
-位(-P:2018年7月) 1位(2P:2018年)
オピニオン・コメント投稿数
-位(-P:2018年7月) 3位(1P:2018年)
Share (facebook)

自転車はどうにかならないでしょうか?
ママチャリで子供を乗せるのも転倒したら危ないと思うし(この前ニュースで転倒の仕方によっては子供が死ぬって言ってました)、スポーツ自転車にいたってはもはや自転車の域を越えて危ない、人が轢かれそうです。規制が甘すぎると思いませんか?

コメント

コメントを投稿するにはログインしてください。

aloha
aloha さんからのコメント
職業
会社員
都道府県
東京都
高齢者の運転は今や「凶器」ですね。最近は免許の更新も高齢者に対してはずいぶん厳しくなったみたいですが、地方はクルマがないと生活できないところもあるので簡単には運転をやめるわけにはいかないという事情もあると思います。少し話が散っちゃいましたが自転車に戻します。
私は自転車の「交通弱者のふりした狼藉者」が気に入りません。最近の判例とか知りませんが逆走しようが、ながら運転しようが飲酒運転しようがクルマとぶつかったら、とにかくクルマが悪いみたいなのが気に入らないのです。自動車やバイクは免停や免許取り消しがありますが自転車は「禁止」にならないですよね。それも不平等です。真面目な人がバカをみる社会の一端があると思っています。
コメントに対する支持数:0
ニューカマー
ニューカマー さんからのコメント
職業
会社員
都道府県
愛知県
なるほど、自転車ですね。
たしかに、自転車に関する「事故のリスク」は、無視できないところまで来ていますね。

私も、歩いては、自転車に驚き。
自転車に乗っては、歩行者を驚かせ。
車を運転した時は、自転車の車道走行にヒヤヒヤしています。
その時その時で、被害者にも加害者にもなっています。

道幅や時間帯による混み具合の他に、「高齢者や子ども」の存在も、「事故のリスク」を考えるキーワードかもしれませんね。

交通といえば、「高齢者の車の運転」が気になります。
明らかに注意力が不足している危険な運転風景を、最近よく見かけます。

いずれにしても「安全性と利便性のギリギリの落とし所」を、それぞれの場面(法制度や罰則、土木や建築、地域の市民マナーなど)で検証し、決め直さなければなりませんね。
コメントに対する支持数:1
shigeo
shigeo さんからのコメント
職業
会社役員・顧問
都道府県
愛知県
子供のころの記憶ですが、一応、近所の警察署の人が来て、自転車マナーを教えてくれたような気がします。たしか、右手をまっすぐ出すと「右折」、右手を曲げて出すと「左折」だったような・・それ以外は忘れました(^-^; 
今もやってるんですかね、そういう教育って。仮に教育しているとしても、街中で右折サイン左折サインをやってる人を見たことがないですよね。やってるのは、外国人だったりします。
自転車は歩道を走れとか車道を走れとか、時代によってけっこうルールもまちまちで、日本の交通ルールの隙間に落ちた存在って感じですね。実際、一方通行でも「自転車を除く」がデフォルトですし、軽車両っていう意識は(乗ってる人にとって)非常に薄いのではないでしょうか。
規制を強化することよりは、教育や常識を徹底させるほうがスマートなような気もしますけど、飲酒運転は「厳罰」にしてから激減したことを考えると、そっちが手っ取り早いんでしょうな。
今のうちに利用者が自制していってくれるのが良いんでしょうけど、調子に乗ると運転中の携帯電話使用のように、規制、法律になっちゃいますよね。実際、運転中に電話したいときはあるし、必要な時もあるんですけど、たいした意味もなく(必要もなく)使って事故ったりするやつらが増えたおかげで、法律になっちゃいましたから。
コメントに対する支持数:1