aloha
aloha

会社員 東京都 30代

会員支持数
-位(-P:2018年7月) 1位(2P:2018年)
オピニオン・コメント投稿数
-位(-P:2018年7月) 3位(1P:2018年)
Share (facebook)

久々に書きます。トランプさんって変わってますね。あんなアメリカ大統領は見たことないです(笑) でも、国のリーダーは優等生、みんなが優等生を選ぶ、というのも日本人の固定観念かもしれませんね。ヒットラーだって選挙で選ばれたんですもんね。日本人は固定観念を持ちやすいような気もします。そのほうが安心だからね。日本人の固定観念で理解できない国は前からあるけど、アメリカまでそうなっちゃうと困っちゃいますよね。

コメント

コメントを投稿するにはログインしてください。

aloha
aloha さんからのコメント
職業
会社員
都道府県
東京都
安倍さんとトランプさん、ゴルフ楽しそうでしたね。国際会議でも日本の首相は居場所がなさそうにしてたのに、なんかようやく日本の外交もカッコよくなってきた感じがしました。安易な発言ですいません。
コメントに対する支持数:0
aloha
aloha さんからのコメント
職業
会社員
都道府県
東京都
日本もポピュリズムはあるんじゃないでしょうか。そもそも選挙というシステム自体、ポピュリズムを生み出しやすいものですし。伊藤博文はポピュリズムを恐れて「官僚機構」を充実させたと聞いています。バカが選んだ政治家では国が亡びると考えた、ということです。民度とポピュリズム度は反比例するということでしょうか。
アメリカは「民主主義の代表」のような国なので、アメリカの民主主義が失敗すると、民主主義ってどうなの?ってことになりかねませんね。ソ連の崩壊で社会主義はダメじゃん!ってなったように。トランプ大統領も民主主義の産物ですもんね。
コメントに対する支持数:2
ニューカマー
ニューカマー さんからのコメント
職業
会社員
都道府県
愛知県
トランプ政権について、もう1つ。
今後、アメリカ政治と向き合う際には、①トランプ個人、②側近や閣僚、③上下両院を握る共和党の主流派 という、いつくかのレイヤーについて、冷静に考える必要があると思います。
トランプが側近や閣僚を選んだので、①と②の齟齬は少ないでしょうが、①と③の齟齬は、米国内で厳しい暗闘が続くように思います。

トランプが打ち出すであろう「対ロシアの軟化」と「1つの中国の終焉」
本当に与党共和党議員の総意なのか、いささか疑問です。そしてそもそも、トランプに十分な理解や知識があるのか? 次の構想を組み立てた上での政策転換なのか?も大いに疑問です。

いずれにしても、ロシアも中国も、日本にとっては影響の大きな国なので、トランプ政権と米国議会の両方を冷静に注視していく必要があるのでしょうね。
もちろん、外交通の安倍政権は、そのあたりを十分に織り込んでいるでしょうが。

~ ニューカマー ~
コメントに対する支持数:2
ニューカマー
ニューカマー さんからのコメント
職業
会社員
都道府県
愛知県
今日の政治家の中には、たしかに悪い意味でポピュリズムを利用し、成り上がっていく姿が見て取れますね。その際に、ネットのウソ情報までもが影響力を発揮しています。

では翻って、マスコミはどうか。となると、こちらも楽観できませんね。さすがに嘘ニュースは少ないものの、自社の思想性に傾けてニュースをセレクトし、やや脚色して報道しています。

政治家にはもちろん、マスコミに対しても不信感が広がっていますね。それでも政治家には、選挙があり、政権交代までもありえます。
旧来のマスコミも傲慢になりすぎず、ネットなど多様な情報環境の中での「選択肢の1つに過ぎないことを自覚」して、謙虚に取り組んでいってほしいものです。

そしてもちろん、最後は国民の健全な思考感覚。「選ぶ人間のまともさ」が、すべてのカギを握っているのでしょうね。

~ ニューカマー ~
コメントに対する支持数:3
shigeo
shigeo さんからのコメント
職業
会社役員・顧問
都道府県
愛知県
テレビを観ていると、「普通は・・・だけどトランプは・・・だ」というコメントが、政治のプロ的な人から数多く出てきますね。この「普通」ってのが固定観念ってことなんでしょうね。(^_^;)
我が国も、本当の意味で、戦後レジュームからの脱却を図るときがくるような気もします。

で、政治家とマスコミの話。
昔は、マスコミを通すしか大衆とのコミュニケーションの方法がなかったので、政治家はマスコミと折り合いをつけていくというのが、一般的だったんですが、ツイッターというかネットによって、多数とのダイレクトコミュニケーションができるようになったので、これからは、別にマスコミと上手くやらなくてもいいのかもしれません。人気のある政治家は、マスコミを(国民との)「共通の敵」に追い込むことすらできるかもです。

マスコミもある種の「権力者」だと考えると、大統領VSマスコミは、権力者同士の戦いとも言えますね。大衆の代弁者を装いながら、ややもすると「上から目線」だったマスコミも、自分たちの存在価値、在り方を考えないといけない時代が来るかもですね。
コメントに対する支持数:2
ニューカマー
ニューカマー さんからのコメント
職業
会社員
都道府県
愛知県
トランプは、たしかに「オモシロイ大統領」ですね。後世「優れた大統領」として語られることになるのか、さっそく就任後の仕事ぶりが見ものですね。

そして冷静に考えてみると、トランプは「アメリカの大統領」です。日本人には直接手が届かない、よその国のリーダーです。

「では、日本はどうあるべきか。」
そのことを真剣に考えざるを得ない、オモシロイ大統領の存在は、日本にとっては「価値ある大統領」と言えるのかもしれませんね。

~ ニューカマー ~
コメントに対する支持数:2